◎五十肩は良くなる!痛みからサヨウナラ!◎

M.T様1

I.T様1

S.K様1


★五十肩の原因とは?★
五十肩は、主に肩の関節周囲の組織に炎症や緊張が生じることによって引き起こされる症状です。

急性期には腕を動かすだけで激痛が走り、シャツを着たり物を取ることや、家事と仕事にも影響が出ます。

肩の関節可動域も制限され、夜間痛も発症し、生活するにも支障が出てきます。

五十肩


五十肩の主な原因を、一般の方でも分かりやすい言葉遣いでご説明します。

◇筋肉の硬直と緊張
年齢とともに肩周りの筋肉や腱が硬くなり、緊張が生じやすくなります。

これが肩の可動域を制限し、五十肩の症状を引き起こします。

◇血流の低下
血行不良が起きると、肩の組織に十分な酸素や栄養が供給されず、炎症が生じやすくなります。

◇肩の過度な使用や負担
長時間同じ姿勢でいたり、肩を頻繁に同じ動きをすることが五十肩の原因となることがあります。

◇姿勢の悪化
座ったり立ったりする時間が長いなど、不適切な姿勢が続くと、肩の関節や周囲の組織に余分な負担がかかり、五十肩のリスクが高まります。

◇体内の糖化
砂糖や甘い物、小麦粉やアルコールの摂取で体内が糖化し、関節が硬くなって関節可動域が制限されることがあります。


総じて五十肩は様々な要因が絡み合って発生することがあります。

適切なケアや予防策を取ることで、五十肩のリスクを低減することができます。



★五十肩の方への施術アプローチ★
五十肩(肩関節周囲炎)の方への施術アプローチは、お客様の具体的な症状や状態に基づいて個別化していきます。

当院の基本となる五十肩への施術アプローチは以下の通りです。

◇検査の重要性
五十肩では、正確で安全な検査が求められます。

当院では、医学的にも認められているいくつかの検査を安全に実施し、お客様の肩の状態を把握します。

◇初期の五十肩急性痛の処置
初期の五十肩では炎症が強く現れることがあります。

このような場合、痛みや腫れを軽減するために無理に施術すると悪化させますので、急性期が終わった状態での施術開始をお勧めしています。

一般的には、急性痛が始まった2〜3週間後になります。

◇関節の可動域向上
五十肩では肩関節の可動域が制限されます。

当院では、柔軟性や可動域を向上させる手技を重要視しています。

お客様の痛みの範囲を考慮しながら、徐々に関節の動きを改善していきます。

肩検査術後(修正後)

◇筋力のバランス改善
筋肉の不均衡が五十肩の原因の一つとされています。

特に、肩甲骨周りの筋肉を強化し、安定性を高めるエクササイズが効果的です。

同時に、筋肉のトリガーポイントを緩和するための施術もしていきます。

◇姿勢の改善
お客様の日常生活での姿勢も五十肩に関与していることがあります。

当院は、お客様が正しい姿勢を保つためのアドバイスやトレーニングを提供し、肩こりや五十肩の再発を防ぐ手助けを行います。

◇お客様へのアドバイスとホームケア
五十肩の理解と身体管理に関する知識も必要です。

お客様には、施術後のケアや日常生活での注意点について理解を深め、積極的に関与できるようサポートしていきます。

談笑2S身振り

当院で五十肩の施術で重要視していることは、お客様の症状や状態に応じて施術プランを調整し、お客様中心のアプローチを心がけることです。

五十肩で整形外科へ通院されているお客様には、医師の診断も考慮しながら、総合的かつ安全なアプローチを提供していきます。

五十肩が改善し日常生活に支障がないくらいまで回復するには、個人差がありますが時間を要します。

辛いお気持ちは痛い程分かりますが、改善することを諦めないで、その痛みから解放される日をご一緒に目指してていきましょう!!!


本日も最後までお読み頂き、皆さんにLOVE


ご予約は↓↓↓



【酷い痛み専門】
整体サロン力指 RIKISHI

住所:大阪市天王寺区東高津町11-7 I.B.Pタワー10F
   トータルボディサロンキュア内
TEL:070-4308-9850
営業時間:11時~21時
URL:http://www.rikishi.jp
・不定休・完全予約制・当日予約OK
・24時間LINEから予約受付中