こんにちは!
院長の富澤です。

今日からお盆休みの方もいらっしゃると思います。
楽しい連休にしてください(^^)


本日は最新の新型コロナウィルスの情報です。
※画像は全て厚生労働省のホームページより抜粋。

2月27日の厚生労働省のホームページによると、

「新型コロナウィルスは風邪の一種」

とハッキリ明記されています。

風邪3 (2)
風邪2


これを先日私は厚生労働省に電話で確認しました。
以下が厚生労働省との電話のやり取りです。

Q.コロナは風邪の一種ですか?

A.令和2年2月17日の発表通り厚生労働省の見解は現在も同じで、ウイルス性の風邪の一種です。


Q.マスク着用に関して

A.厚生労働省はマスク着用に関して、6 月 28 日以降はマスク着用を促す発表・記載はしていません。
そもそも、マスクの着用を義務、強制、させる記述もありません。

厚生労働省は、マスク着用による感染予防ができるという科学的根拠はありません。

無症状感染者が感染をさせるという科学的根拠はありません。

マスクの着用は、マスクなら感染を防げるであろうというイメージにて着用をお願いしているということです。


Q.上記内容は、とても重要なことなのでメディアに公表するように指示してください。

A.上申しておきます。

という内容でした。


ですので、

通常の風邪と同じで、
新型コロナウィルスは
弱毒性ウィルスと国が言っています。


マスコミは相変わらず国民に不安を煽る報道をしていますが、正確な情報を学んで冷静に行動してください。

7月20日のブログ(感染の詳細)も合わせて読んで頂ければ分かりやすいです。
クリック↓↓↓
正しく恐れて正しく対策する


また、マスク着用について

「感染している人からの飛沫を防ぐ効果は期待できない」

「マスクは症状等ある方が飛沫によって他人に感染させないために有効」

「他人からの飛沫を防ぐ予防効果は相当混み合っていない限り、あまり認められていない」

とハッキリ明記されています。

マスク不要1
マスク不要3

簡単に言うと、

無症状ならマスク着用の意味はない。
症状があればマスクの着用は有効。

と国が言っています。


マスクの長時間着用で口呼吸になり、さらに唾液の分泌の低下により、ご自身の免疫力が下がります。

※口は消化器官の一部。鼻が呼吸器官です。
なので口に免疫機能はありません。

マスク着用で逆に風邪を引きやすく感染しやすい身体になります。



さらに酸欠になりやすいため脳へのダメージへの懸念や鬱の心配と、この時期は熱中症の危険もあります。

また、子供へのマスク着用は非常に危険の上、顔の表情を読み取れないまま成長していくことになり、将来的にもいいことはありません。

日本小児学会は、幼児へのマスク着用は「危険」と警告しています。

幼児より年齢が上であっても、子供は親や教師の言うことは絶対なので、苦しくても暑くてもギリギリにならないと言わないか、または全く言わないので要注意です。


7月15日のブログ(マスクは脳にも悪い理由)も合わせて読んで頂ければ幸いです。
クリック↓↓↓
マスクは脳にも悪い理由


マスク着用は無症状なら意味はありませんので、よく考えて行動してください。

風邪1 (2)


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。













【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜・日曜定休 ※祝日営業
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とネット予約で承ります。