こんにちは!
院長の富澤です。

いつもブログをお読み頂き、本当にありがとうございます。

どこにでもいるオッサン整体師のブログなんて、誰も読んでないと思っていましたが、皆さんへの感謝でいっぱいです。

本日も最後までお読み頂ければ幸いです。


さて、
暑さが増すと食欲が減る方がおられますが、皆さんは大丈夫でしょうか。

量は減っても、しっかり栄養は取ってくださいね。

それと、この季節は身体を動かすこと、休むことの切り替えが上手くいかない事が多くなります。

ストレッチなどで体温調節を行うことと、38℃~40℃のお風呂に浸かりリラックスしてくださいね(^^)


そして、今も感染予防でこの暑い中マスクされている方が大半ですが、感染予防でのマスク着用より大切なことがあります。

人間の原点に戻ってください。

それは↓↓↓

栄養
 

それでは本題に入ります。

腹痛になられたことはあると思いますが、本日は原因不明の腹痛についてお話しします。

なので、食べ過ぎ・飲み過ぎ、冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎ、お腹を冷やしたことでの腹痛ではありません。

原因が分かっていること以外の腹痛です。


まずは、内臓の事について言いますね。

内臓は「筋肉」で出来ています。


ご存じでしたか?


なので肩こりや腰痛と同じで、血行不良を起こすと痛みが伴います。

痛みを無くすには、これも肩こりや腰痛と同じで筋肉を柔らかくすることが先決です。

特に内臓に近い「腰」周りを柔らかくする必要があります。


あと、ストレス過多で胃が痛い。。


みたいな経験を持つ人は多いと思います。

強いストレスを長時間受けると、血管が収縮して血行不良を起こします。

そこから痛みを感じるんですね。

マウスの実験で、強いストレスを72時間マウスに与え続けた結果、ビクとも動かなくなったという実験データがあります。

人間でも、ピストルを頭に向けられて72時間ずっと耐えていればそうなるかもしれませんね(-_-;)

まあ、そんな場面に出くわすことはないですが(笑)


ただ、筋肉が柔らかい人はストレス過多になっても胃痛やお腹が痛くならないというデータもあります。

それだけ柔軟性って大事なんですよ。


なので、ストレスで胃痛を感じる方は、それはストレスが原因ではなくストレスは要因です。

原因である筋肉の硬さを取っていけば、腹痛の悩みは解消されるでしょう!!


皆さんの健康と幸せな生活をお祈りします。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。











【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜・日曜定休 ※祝日営業
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とネット予約で承ります。