こんにちは!
院長の富澤です。

九州地方の大雨による被害が心配です。
災害に見舞われた方々の一日でも早い回復を心からお祈り申し上げます。


本日の話に入ります。

「凝り」と言えば肩コリや首コリが一般的ですが、本日は「脇」のこりに注目してみましょう!

みなさんの脇はこっていますか?というか脇を意識したことはありますか?

実は肩こりに悩む方はほぼ全員、脇も凝っています。

なぜなら、脇の筋肉は肩甲骨を中心にして肩の筋肉と一緒に動いているからなんです。

長時間のデスクワークなどで肩甲骨を動かさないでいると肩が凝りますが、その時一緒に脇も凝っているのです。

脇をほぐすことで肩こりの改善にもつながりますし、リンパの流れが改善することでダイエットにも効果的ですから、ぜひ「脇こり」を解消していきましょう!

まず簡単なチェック方法からご紹介しますね。

脇の下に親指以外の4本の指を入れて、親指と4本の指で脇の下をぎゅっとつまみます。

この時痛みが強ければ強い程こっている証拠ですよ(・・;

では早速、脇こり解消の方法にまいりましょう。

まず1つ目!

脇の下のくぼみに親指をいれ、残りの4本が背中側にくるようにします。

そして親指と4本の指で背中側の脇の肉をつまんだら、親指を支点にするイメージで脇の肉を下に引っぱりましょう。

腕の付け根から肩甲骨の下の辺りまで場所をずらしてやるといいですよ。

そして2つ目!

今度は4本指を脇の下に入れて親指が胸側にくるようにします。

そしてこちらも胸筋をつかみながら下に引っ張りましょう。

どちらも痛気持ちいいくらいの力加減で、力任せにぐりぐり脇の下を押さないようにしてくださいね。

これを毎日するだけでも肩こりが軽減されます。

肩と脇のコリはセットだと思って、ぜひ普段から脇のコリにも注目してみてくださいね。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。










『こんな症状は良くなるの?』
『どんな施術をなさるの?』
『急な痛みにも対応します!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜





【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とネット予約で承ります。