こんにちは!
院長の富澤です。

皆さま、今話題の映画
「ボヘミアン・ラプソディ」は観られましたか?

私、観てきました!!

この映画、フレディやクイーンを知らない方にもオススメです!

2時間以上の上映時間で、1分1秒も無駄のないストーリーで、中だるみもなく、ずーーっと脳が刺激を受けた映画でしたよ。

最後の20分なんか嗚咽漏らして泣きそうになって、満員の観客やったんでそれを抑えるのに必死でしたし(笑)

エンドロールが終わるまで余韻に浸ったのは、今まででなかなか無いです。

上映が終わってから、仕事や家事・育児が頑張れる、友人や家族を大切に思えるようになる映画です。


さて、本題に入ります。

お客様に自宅やオフィスで出来る自主トレをして頂く場合があるのですが、その時にストレッチや運動の他に「骨盤の連動性」の動きをやって頂くことが多いです。

手足などは目線に常に入ってくるので、関節が曲がっている様子が自分自身で無意識の内に確認できます。

しかし骨盤は、自分自身の目線に入ってこないことが多いので、骨盤の可動域がよく分かっていな方がたくさんおられます。

また、日頃の疲労の蓄積から、骨盤周りの硬直が現れて、可動域や動きが鈍くなってきます。

そうなってくると、ハッキリ言いますね(^_^;)

歩き方が悪くなってきて、脚が動かない、手が振れない、お尻の筋肉が使えていないなどなど、歩行時の見た目がブサイクになってきます


ですので、骨盤の連動性が重要になるんです


私の臨床経験から、特に腹斜筋(お腹の横の筋肉)の硬い方が、骨盤の連動性の動きができない方が多いです。

あとは、運動不足や運動経験の浅い方(10代~20代)も、この動きが苦手の方が見受けられます。


骨盤の連動性のやり方は簡単で、座っている時に、片側(左右どちらでもいいです)のお尻に重心を掛けてみてください。

振り子のように頭が振られましたか??



残念ながら頭が振られた方は、骨盤の連動性ができていません。
お腹の横の筋肉も含めて、骨盤周りを柔らかくしましょう!!

肋骨の下辺りからクネッと曲がって、「く」の字になるか、「く」の字に近い状態になった方は、骨盤の連動性ができています。

おめでとうございます

この動きがキレイにできれば、歩行時に上半身と下半身の連動がうまくいって、美姿勢で歩くことができます。

腰痛や歪み予防にも効果があるので、ぜひやってみてくださいね(^^)


これとは別に、骨盤の前後の動きや、立ったままの姿勢での自主トレもありますので、興味がある方はご来店時にご質問ください。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。










『こんな症状は良くなるの?』
『どんな施術をなさるの?』
『急な痛みにも対応します!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜




【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とネット予約で承ります。