こんにちは!
院長の富澤です。

先日開催された「大阪マラソン」
当サロンの通院中のお客様からも2名参加されました。

その中で初めてフルマラソンを走られたT様。
準備期間が短く、私もハラハラ・ドキドキでした(^_^;)

7時間で完走という目標でしたが、見事にクリアどころか、5時間3分でゴールされました

それを聞いた時は、めっちゃ嬉しかったですね~(^^)

T様の頑張りには、本当に頭が下がる思いです。
私も目標達成に関われて、治療家冥利につきます(笑)

これからもT様には、好きな運動を続けて欲しいなと思います。


さて、本日は「痛みに対する考え方を変えてみよう!!」という話をさせて頂きます。

お客様に問診すると多くの人は、「〇〇が痛いです。〇〇が悪いねん。△△からきてるのかもしれへん。」というような発言をされます。

確かに骨折後にボルトの挿入をされている方や、靭帯損傷など物理的な組織の損傷や異常が起きている場合は、その部位に問題があるかもしれません。

しかし、多くの場合は筋疲労の蓄積により、筋の損傷や疼痛(とうつう)物質の滞りが問題です。

つまり、痛みはいつも頑張り過ぎてしまっているところに出やすいということです。

そのため、「〇〇が痛いです。〇〇が悪いねん。」という訳ではなく、むしろ、最も頑張ってくれている部位な訳です。

そこの部位に対して、労いや感謝もなく、「悪い、悪い」と否定してしまっていれば当然、体はガチガチになります。

自分の身体はその身体しかないです。
人生を共に歩んできた身体です。

痛みがあったら悪いのではなく、頑張ってくれている、それに気付き休息を取ったり、今まで頑張ってきた自身に感謝出来ると痛みに対する向き合い方が変わり、ご自身で調整出来るようになります。

痛みは治すもの、取り除くものと敵対心を抱いているうちは、まだ根本治療は難しいかもしれません。

痛みにより不調を教えようとしてくれている優秀な身体に、感謝出来るようになれるといいですね(^^)


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。











『こんな症状は良くなるの?』
『どんな施術をなさるの?』
『急な痛みにも対応します!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜




【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とネット予約で承ります。