こんにちは!
整体サロン力指 院長の富澤です。
 
梅雨が明けて、真夏らしく汗ばむ日が続きますね(^_^;)

九州では豪雨の被害がかなり出ているようですが、天気が急変しやすい時期なので関西でも気をつけてください。

また、猛暑が続くこの時期は体調を崩しやすいのであまり無理せず、ストレスをためないようにしてくださいね。
 
 
さてさて、
寝苦しいニッポンの夏の夜。
 
でもエアコンをかけたまま寝ると、寒さから途中で目が覚めたり、夏風邪の原因になったりしてしまいます。
といって、エアコンを止めると暑すぎて眠れない……。
 
たいへん悩ましい(^_^;)
 
そこで本日は、夏の夜のエアコンの上手な使い方をお教えします!!

睡眠


◎就寝1時間前から寝室の壁をギンギンに冷やす!
 
夏の快眠を得るためには、エアコンは積極的に活用するのがおすすめです。
熱中症の予防にもつながるため、賢く正しく使いましょう!
 
まず、寝る前1時間前から、寝室のエアコンを25〜26度、強風に設定します。
 
こうすることで寝室内の空気だけでなく、壁を冷やすことができるのです。
夜になって外気温が低下しているにもかかわらず、寝室内は相変わらず悶々と暑い、そんなふうに感じたことはありませんか?
 
これは、輻射熱の影響によるもので、日中に太陽の熱で温められた壁の中に熱がこもり続けた結果、外気温が下がったあとも室内に熱を発し続けて、部屋を暑くしてしまうという現象です。
 
いざ就寝するタイミングになってからエアコンを入れたのでは、部屋の空気しか冷やすことができません。
 
すると、タイマーが切れた途端、壁にこもっていた熱が出てきて部屋の温度が急上昇し、寝苦しくなったり、夜中の覚醒につながったりしてしまいます。
 
そこから再びクーラーのタイマーをオンにしても、切れると目が覚めてしまうという繰り返し((+_+))
 
これでは質の高い睡眠なんて得られるわけがないですよね。
 
そして寝るときは、エアコンの温度設定を27度に上げて、風力はいちばん弱くし、タイマーを2~3時間後に切れるようにセットしてください。
 
部屋の壁を冷やしておいたことで、エアコンが切れた3時間後以降に、室温が急上昇することを防ぐことができます。
 
就寝時には身体の体温が低下するため、エアコンの風は直接身体に当たらないようにだけ、十分に気を付けてくださいね。
 
 
◎サーキュレターを使ってみましょう!
 
寝室の温度環境を適切に維持するためには、室内の空気を循環させることが必要です。
 
熱い空気は上に、冷たい空気は下にたまりやすいので、扇風機やサーキュレーターをエアコンと併せて活用しましょう。

サーキュレター

どちらの場合も気をつけていただきたいのは、風の吹き口を壁や天井、エアコンに向けるなどして、風が直接、体に当たらないようにすることです。
 
扇風機の場合もあくまで空気の循環が使用目的なので、風量が強すぎない設定にしたほうが良いでしょう。
寝ている間に体温が下がりすぎると、風邪や体調不良の原因になります。
 
体温を下げないという点ではパジャマにも注意。
暑いからといって、ノースリーブやキャミソールなど露出の高いものはNGです!
 
首には太い頸動脈が通っていますから、首も冷やし過ぎないように意識してくださいね。
冷やす場合は首ではなく、頭部がおすすめです。
 
 
本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。










『こんな症状は良くなるの?』
『どんな施術をなさるの?』
『急な痛みにも対応します!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜




【真健にカラダと向き合う】
整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とホームページで承ります(即時ネット予約可能)