こんにちは!
健康と美のスペシャリスト富澤です。
 
最近の寒波が身に沁みますが、皆様ちゃんと寒さを乗り切っていますか??
 ホンマにめっちゃ寒いですよね(^^;)

そんな中、ご来店して頂くお客様。
本当にありがとうございます!
 
 
さて、本日のお話は。。
 
寒い冬に「ホッとする空間」といえば、
「お風呂」ですよね!
 
そこで本日は、お風呂に浸かる時のお湯の温度について話させてください。
 
それではタイトルコールです!
 
えっ、こんなに変わる?
お風呂の温度で
交感神経副交感神経をコントロール!
 

実はお湯の温度によって体のこの2つの神経の反応が変わるんです。
 
42℃以上の熱いお湯に入ると交感神経が高ぶります。
興奮状態になるため、血圧は上がり、脈は早まり、汗をかき、筋肉は硬直。
また、逆に胃腸の動きは止まってしまいます。
 
一方、40℃程度のぬる湯につかると、副交感神経が刺激されて心身がリラックス。
血圧は下がり、脈はゆっくり、汗もかかず、筋肉もゆるむ。
胃腸は活発に動き、消化がよくなります。
 
入浴2

 
◎交感神経が優位な状態が過剰になってしまうと
・血流の悪化
・代謝が下がる
・冷え
・消化不良
・肌が荒れる
・心のバランスが崩れる
 
◎そして副交感神経が優位な状態になれば
・血流が良くなる
・代謝が上がる
・しっかり老廃物が排出される
・ムダな脂肪が付きにくい
 
これを見ると、なんだかダイエット効果がありますよ(^^)
 
一概にお風呂の効果と言っても、わずかなお湯の温度の違いによって体の反応は正反対になるんです。
 
これらを参考にお風呂に入ってみてくださいね。
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



『こんな症状は良くなるの?』
『どんな施術をなさるの?』
『ダイエットの方法を教えて!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜




【健康で美しいカラダづくり専門】
  整体サロン 力指 RIKISHI

住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とホームページで承ります(即時ネット予約可能)