こんにちは!
健康と美のスペシャリスト富澤です。

さて、本日の健康コラムは、体重が増える原因とは?
ということで、特に女性向けに考えてみました。

 
20代後半から30代前半の皆さんは20代前半のころよりも太りやすく、30代後半の皆さんは余計なところにぜい肉がつきやすくなった……と感じていませんか?

どうしても若いころよりも加齢とともに代謝が落ちてくるため、太りやすくなったと感じるのは仕方のないことですね。
それを理解し、気をつかって生活する女性こそスタイルキープをしています。
 
一方で、体型を気にしている女性は代謝の低下を促すような生活習慣をしており、これが太る根本的な理由なのです。
 
本日は、女性の太る理由である代謝低下の原因とその対策をお伝えしていきます。

体重計2


◎原因1 睡眠不足◎
 
眠りの質がすべて体型にあらわれるといっても過言ではないほど大切なのが睡眠。
 
睡眠コンサルタントによると、理想的な睡眠は7.5時間であり、6時間で23%、5時間で50%、4時間なら73%肥満度がアップしているとのこと。
 
睡眠が不足すると成長ホルモンが足りず代謝が低下していくため、太る一方なんです。
さらに起きている時間が長くなるほど、遅い時間の飲食なども太る原因につながります。
 
対策1:夕方以降、カフェインレスにする
 
不眠症で寝つきが悪いことが睡眠不足の原因の私の友人がいました。
コーヒーが大好物でしたが、内科医から夕方以降のカフェインをひかえるよう言われたのがきっかけで、カフェインレスの生活を心がけると、驚くほど寝つきがよくなったと聞きました。
何気なく飲んでいるお茶にもカフェインが入っているので注意が必要ですね。
 
対策2:香りを味方に付ける
 
香りの効果は想像以上に素晴らしいものです。
鼻から嗅いだ香りを脳に伝達しホルモンを促すので、寝つけにくい人は香りを味方に付けるが勝ち(^O^)
アロマをタオルに1滴垂らしたり、香りつきのボディクリームやルームスプレーもおすすめです!


◎原因2 腸内トラブル◎
 
悪玉菌あっては美ボディならず!
特に女性は便秘がちの人が多く、老廃物を体に貯めこんでいる状態です。
加齢とともに善玉菌は減っていくうえ、現代人の食生活の欧米化にともない腸内トラブルが増えているのが現状です。
 
対策1:食事で補う
 
腸内環境を整えるポイントは食物繊維や発酵食品、乳製品を意識して摂取すること。
一食にまとめてとるのではなく、毎食1品とりいれるのがベストです(^^)
 
対策2:お風呂でついでにマッサージ
 
ボディを洗うさい、ついでにお腹を時計まわりにくるくるとマッサージするだけでOK!
はじめは効果を感じられなくとも、3~4日続けて行くと腸のぜん運動が促進されます!!


◎原因3 自律神経ホルモンの乱れ◎
 
一番見過ごせないのが自律神経の乱れですね。
ストレスなどで自律神経のバランスが乱れると便秘や睡眠不足・過食・冷え・肌荒れなど様々なトラブルが続出します!
 
対策1:ハーブの力を
 
ノンカフェインでうれしいハーブティを活用しましょう。
女性ホルモンに似た働きをするブラックコホシュ、PMSを改善するチェストベリー、ストレスを緩和するカモミールがおすすめです(^^♪
 
対策2:PMSの不調は放置しない
 
月経前症候群=PMSは80%の女性が感じると言われています。
イライラ・吐き気・のぼせなど症状を感じているのに病院に行くのをためらっていませんか? 
この放置がのちにホルモンバランスを乱し大きな疾患になりかねません。この時期に過食や大きな体重増加が見られる人は注意してくださいね。

ハーブティー


いかがでしたか? 
女性のの代謝低下の原因はこれらであり、改善しないことには太りにくい体は作れません。
太る根本的な原因と対策を知ることが、ダイエットを味方につける近道ですね。
 
体重計


『こんな症状は良くなるの?』
『ダイエットの方法を教えて!』
疑問・質問も気軽にお電話かメールにてご相談ください。     
☎06-6537-9200
・E-mail:info@rikishi.jp
【受付時間】11:00~21:00 
【定休日】木曜


【健康で美しいカラダづくり専門】
  整体サロン 力指 RIKISHI
住所:大阪市西区新町1丁目25-15 1階
       (階段を少し上がる)
TEL:06-6537-9200
E-mail:info@rikishi.jp
URL:http://www.rikishi.jp
Twitterアカウント:@rikishi_tomi
※完全予約制 ※木曜定休
※当日でもご予約を受付けていますので、お気軽にお問い合せ下さい。
※ご予約は電話とホームページで承ります(即時ネット予約可能)